ソフトバンク来季“四軍”設立の狙い お手本はマイナー4球団を抱える米メジャー

公開日: 更新日:

 ソフトバンクが「来季以降をメドに四軍を設立する」という。

 もっか三軍を抱えているのは先駆者のソフトバンクを筆頭に、巨人広島の3球団のみ。広島の場合は負傷者のリハビリや練習がメインで、対外試合は行っていない。実質的に三軍が稼働しているのは2球団のみだ。

 そんな状況下で四軍を作る狙いは何か。

 ソフトバンクの球団OBは「チームの拡大構想があるのは事実です」と、こう続ける。

「“四軍”という名称になるのかはわかりませんが……。わかりやすくイメージすると『三軍をA班、B班に分けて2つのチームを作る』という構想を球団は抱いています。なぜ、そこまで選手を集める必要があるかといえば、選手のレベルアップのためです」

 ソフトバンクの三軍は今季96試合を行い、10月にはあと3試合が予定されている。主な対戦相手は独立リーグや社会人、大学のチーム。他球団の二軍や巨人の三軍とも試合をした。

「しかし、それでは不十分なんです。試合数ではなく、問題は相手のレベル。例えば卒業したばかりの高校生では、独立リーグの選手には到底歯が立たない。でも、それなりに成長すると今度は独立リーグ相手では物足りなくなる。大学生や社会人となれば、なおさらです。かといって、二軍には二軍の試合があるので多くは対戦できない。実戦をこなさなければ成長しないが、相手が強すぎたり弱すぎたりしても意味がない。丁度いいレベルの相手を探すのが大変なんです。そこで、三軍の拡大です。チーム内で紅白戦やA班B班の入れ替え戦を行うなど、切磋琢磨する場を作る。それがソフトバンクの狙いです」(前出のOB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」