有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

公開日: 更新日:

「発掘、育成もしながら、勝ちに行く補強もしないといけない」

 原監督の続投が確実視される巨人の大塚副代表が先日、こう言った。

 今季は5年ぶりのBクラスが確定。「発掘、育成」でいえば、高校ナンバーワン野手の高松商・浅野翔吾ドラフト1巡目指名を決定した一方で、「来年は勝たないといけない」(大塚副代表)と、今オフはFAを中心とした大型補強に打って出る方針だ。

 投手では、レンジャーズ3Aの有原航平(30)、阪神西勇輝(31)らがターゲット。野手はソフトバンクを戦力外になった松田宣浩(39)に加え、ブルージェイズ3Aの筒香嘉智(30)、西武の捕手・森友哉(27)などの調査を進めているという。

「投手は複数名の獲得が予想される。昨2日のDeNAとの今季最終戦に先発、5回無失点と好投した菅野が海外FA権を行使し、メジャー挑戦する可能性がある。今季のチーム防御率はリーグワーストの3.69。FA選手の獲得は1球団2名までと決まっていますが、年俸がCランクの選手と、有原ら米球界でプレーする選手は上限に含まれませんから」(巨人OB)

 仮に年俸6億円の菅野がメジャー移籍すればその分、補強資金に回せる。とはいえ、巨人ファンが生え抜きの育成よりも金満補強を望んでいるとは限らないが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問