元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

森保J最年少アタッカー「久保建英の軌跡」 FC東京U-15むさしの時代の中村忠監督に聞く

公開日: 更新日:

中村忠(元FC東京U-15むさし監督 現東京ヴェルディ・アカデミーヘッドオブコーチ)

「僕は今までW杯をひとりの観客として見ていた。もし選ばれたら、ですが、僕が日本代表の選手に魅了されてきたように今度は自分が魅了する側になれれば、と強く思っています」。8月29日の代表新ユニホーム発表会で力を込めて話したのが久保建英(レアル・ソシエダ)。9月の米国、エクアドルとのドイツ遠征2連戦では、米国戦に先発出場して後半23分までプレー。攻守に躍動した。

 久保は名門バルセロナの下部組織で育った超エリート。2015~19年は日本で過ごし、最初に所属したのがFC東京U-15むさしだ。当時の中村忠監督(現東京ヴェルディ・アカデミーヘッドオブコーチ)に日本の新エース候補の軌跡を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ──久保を初めて見たのは?

「13年夏のU-12ワールドチャレンジです。建英はバルセロナの一員として参加していましたが、チームメートにはエリック・ガルシアやアンス・ファティ(ともにバルセロナ)らそうそうたる面々が揃っていた。『日本人の少年が彼らと同じレベルでやれているのは凄い』と感心しました。僕が指導した東京Vの杉本竜士なんかも中1の英国遠征でフラムやリーズの選手と互角にプレーしていましたけど、建英の場合は現地スペインに住み、過酷な環境に適応しつつ、サッカーをしていた。だからこそ、平常心で堂々とやれるんだと痛感しました」

 ──その久保が15年春に帰国し、FC東京U-15むさしに入った。

「中2の春に加入し、最初は同学年のチームに入れましたが、あまりにレベルが違うので2~3週間ほどでAチームに上げた。すぐに試合にも出しました」

 ──久保本人は「正直、日本に帰ってきたくなかった」と後に話していたが。

「そんなそぶりは一切見せず、加入当初から進んで他の選手の輪に入っていましたよ。(年齢が)1つ上の平川怜(熊本)なんかと積極的に絡んでチームに溶け込んでいた印象です。とにかく明るくて、人懐こくて、物おじしない子なんで、上の学年の選手からも可愛がられましたね」

 ──久保は中3になった翌16年にU-18に昇格し、同年の11月にはU-23の一員としてJ3の試合にも出るようになった。

「U-18では2~3つ上の選手と一緒にプレーし、U-23では大人の選手と共闘しました。2つ上の原大智(アラベス)を『タイチ君』と呼んでいたし、『アライグマ』なんてニックネームを付けて懐いた先輩もいた。年齢に関係なくワイワイしているので常に飛び級という環境の中でも全く問題なくやれましたね」

■いつも賑やかでおしゃべり好き

 ──久保の印象的な出来事は?

「おしゃべり好きなとこかな。食事中もずっと話しているので『静かに食べろ』と注意したこともあったくらいです(笑)。ミーティング中も隣の人間と絡んだり、静かにしていることがなく、いつも賑やかな子。高いエネルギーをピッチ上でもぶつけていた。練習はいつも100%で目の色を変えて取り組んでいましたね。バルセロナ時代の建英は最初はボールをもらえなかったり、いろんな苦労があったようです。そういう経験があるから、明るく前向きで真摯な姿勢を持ち合わせるようになったんだと思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ