広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

公開日: 更新日:

 広島佐々岡真司監督(55)の3年目も不完全燃焼に終わった。

 9月30日のヤクルト戦で1-5の完敗。66勝73敗3分けとなり、CS進出の可能性が完全消滅し、4年連続Bクラスで5位が確定した。単年契約が切れる佐々岡監督は、3年連続の負け越しとなった。

 佐々岡監督は一軍投手コーチに就任した19年に、前年4.12だったチーム防御率を3.68へ改善。監督への昇格を果たしたが、さるチーム関係者がこう言った。

「20年の防御率はリーグ5位の4.06、21年も同5位の3.81と低迷。今季も30日現在、12球団中11位の3.55。逆転負けはリーグ最多の34度で、勝ちパターンのリリーフ陣も固定できなかった。負け越しが決まった9月23日の阪神戦は、元抑えの中崎が佐藤輝に被弾し、試合を壊したことが象徴的でした」

 佐々岡監督はこの場面を振り返り、「期待して出して点を取られてはいけないという中で、六回はザキ(中崎)に任せると。ザキが打たれると思っていないので、結果的に打たれたのは、僕に責任がある」と覚悟を決めたようだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問