日本女子OP2日目でアンダーパーたった3人に…我慢比べで女子プロの“真の実力”が試される

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】第2日

「この分じゃ優勝(スコア)はオーバーパーになるかもな」

 ギャラリーからはそんな声も聞かれた大会2日目は、8時6分に3打差4位タイから発進した木村彩子がパープレーの72で回り、通算2アンダーでホールアウト。ところが、時間が経つにつれて上位陣が軒並みスコアを崩して順位が上がり、いつのまにか首位に浮上。2日目が終わってアンダーパーは3人となった。

 主催のJGA(日本ゴルフ協会)は今回、優勝スコアを一桁アンダーで止めたいようだが、国内ツアー最長の総距離と深いラフ、硬さと速さを増すグリーンと厳しいピンポジションに、選手たちはスコアメイクに四苦八苦。2日間のスコアを見る限り、勝者のスコアはオーバーパーになりそうな雰囲気だ。

「優勝スコアがオーバーパーになれば2011年以来です」と、あるツアー関係者がいう。

「11年大会の会場は、毎年男子の中日クラウンズが開催される名古屋GC和合C(6383ヤードb・パー70)でした。男子プロでも手を焼く難コースのラフを伸ばし、砲台グリーンはパンパンに硬くした。最終日の平均スコアは77を超え、優勝した馬場ゆかりのスコアは12オーバー。女子プロばかりではなく、ファンからも『選手いじめではないか』という声もあがり、JGAは翌年からコースセッティングを甘くした。その結果、以降はオーバーパーの優勝スコアはなく、ここ5年は2桁アンダー。17年、19年に勝った畑岡奈紗は20アンダー、18アンダーと爆発しました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前