アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

公開日: 更新日:

 エンゼルスの大谷翔平(28)とヤンキースのアーロン・ジャッジ(30)によるア・リーグMVP争いは、米プロバスケットボールNBAの担当記者の間でも話題になっている。

 八村塁(24)のウィザーズとウォリアーズによるプレシーズンゲーム(30日、10月2日=さいたまスーパーアリーナ)の取材で来日した記者の多くは、ロジャー・マリスの持つア・リーグシーズン最多本塁打記録の61号に並んだジャッジが有利とみている。

 ウィザーズの他、ワシントンを本拠地とするプロスポーツを取材するネットメディアの記者は「印象度ではジャッジに劣るのではないか」とこう続けた。

「大谷は今季、ルース以来の『2ケタ勝利と2ケタ本塁打』を達成したが、仮に今年がリアル二刀流1年目なら、昨季の成績(9勝2敗、46本塁打)でもジャッジを抑えてMVPに選出されたのではないか。昨季に比べれば、二刀流のインパクトは薄れている。今となっては大谷がリアル二刀流をこなすのは1年早かったかもしれません」

 ウォリアーズの地元サンフランシスコメディアの記者によれば、今季から導入された降板後もDHとして打席に立つことができる「大谷ルール」を快く思っていない野球記者も中にはいるという。

「二刀流は1人しかいないため『大谷に有利なルールだ』と反感を抱く記者もいるだけに、投票結果に影響するかもしれません」

 二刀流を持ち上げるMLBの思惑が大谷の足を引っ張りかねないというのだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今