アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

公開日: 更新日:

 エンゼルスの大谷翔平(28)とヤンキースのアーロン・ジャッジ(30)によるア・リーグMVP争いは、米プロバスケットボールNBAの担当記者の間でも話題になっている。

 八村塁(24)のウィザーズとウォリアーズによるプレシーズンゲーム(30日、10月2日=さいたまスーパーアリーナ)の取材で来日した記者の多くは、ロジャー・マリスの持つア・リーグシーズン最多本塁打記録の61号に並んだジャッジが有利とみている。

 ウィザーズの他、ワシントンを本拠地とするプロスポーツを取材するネットメディアの記者は「印象度ではジャッジに劣るのではないか」とこう続けた。

「大谷は今季、ルース以来の『2ケタ勝利と2ケタ本塁打』を達成したが、仮に今年がリアル二刀流1年目なら、昨季の成績(9勝2敗、46本塁打)でもジャッジを抑えてMVPに選出されたのではないか。昨季に比べれば、二刀流のインパクトは薄れている。今となっては大谷がリアル二刀流をこなすのは1年早かったかもしれません」

 ウォリアーズの地元サンフランシスコメディアの記者によれば、今季から導入された降板後もDHとして打席に立つことができる「大谷ルール」を快く思っていない野球記者も中にはいるという。

「二刀流は1人しかいないため『大谷に有利なルールだ』と反感を抱く記者もいるだけに、投票結果に影響するかもしれません」

 二刀流を持ち上げるMLBの思惑が大谷の足を引っ張りかねないというのだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前