日本女子オープン第1日はアンダーパー8人…今大会は女子プロから「笑顔」が消える

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】第1日

 優勝スコアがここ5年連続で2桁アンダーまで伸びている今大会。今年は国内女子ツアー史上最長のコースで行われることもあって、大会主催のJGA(日本ゴルフ協会)はVスコアを1桁アンダーで抑えたいという。初日は森田遙の5アンダーを筆頭にアンダーパーは8人。全米女子アマを制した17歳の馬場咲希(写真)は1オーバー22位タイだった。

 通常の冠大会ではティーショットを曲げてラフに入れてもグリーンをとらえてバーディーが取れるが、大会のラフは80ミリ~100ミリまで伸びて足首がすっぽり隠れるほど深い。順目でもフェアウエー(FW)に出すのが精一杯。ティーショットがFWキープできなければパーセーブも厳しい。

 硬いグリーンも難敵だ。フェアウエーから打っても、女子プロのパワーではショートアイアンでもスピン量が足りずピンそばに止めることは至難の業だ。スティンプメーターは12フィートになっているが、実際にはそれ以上に速く感じるのでバーディーパットも強くヒットできない。微妙な傾斜はライン読みを惑わせ3パットもあり、読みが外れて怪訝な顔をする選手も多かった。通常の冠大会より頭をフルに使い、目の前の一打に集中しなければならず、プレー中に白い歯を見せる選手はほとんどいなかった。

 初日からグリーンの端から左右5ヤード以内にカップが切られたのは11ホールもあった。2日目以降もピンポジションはシビアになる。女子プロの真の実力がわかる大会になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害