日本代表ドイツ遠征“W杯メンバー最終選考テスト”で見えた3つの課題と解決策

公開日: 更新日:

 森保一監督率いる日本代表の「カタールW杯メンバー最終選考テスト」が終了した。ドイツ・デュッセルドルフで開催されたキリン・チャレンジ杯でW杯出場国のアメリカ(9月23日)、エクアドル(同27日)と対戦。

 ドイツ遠征に帯同したメンバー30人が「W杯登録26人」を巡ってしのぎを削ったのである。 

 そこで、この2試合での選手たちのパフォーマンスを振り返りながら、注目ポジション別に森保ジャパンが抱えている課題は何か、有効な打開策はあるのか?

■三笘はジョーカーとして使う

 まずは、アメリカ戦の後半22分に途中出場して終了間際、トドメの一発となるチーム2点目を叩き込んだ左サイドMF三笘薫の起用法だ。

 アメリカ戦のゴールで代表8試合.5得点という決定力の高さを見せつけた三笘。しかし、エクアドル戦では先発して後半22分までプレーしながら、結局は不発に終わった。

 貴重な得点源である三笘は「先発として起用すべきか」、それとも「後半途中に出てきてゴールを決めるジョーカーとして使うべきか」である。

「三笘独特のリズムで相手選手を抜き去るヌルヌル・ドリブルは、相手選手が疲弊して足が止まり始まる後半途中に登場して仕掛ける方が、より効果的と言えます。しかしながら……」とサッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏がこう続ける。

「左サイドMFは、これまで南野拓実がレギュラーとしてプレーしていたが、新天地モナコでも結果を残しているとはいえず、代表でも機能しない場面が増えている。チーム事情として三笘が先発組に回る可能性は十分にある。それでも個人的にはジョーカーとして起用した方が、相手選手にとって脅威になると思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ