「重大発表」で続投表明も日本ハム新庄監督“ネタ枯れ”懸念 来季SHINJOに注がれる厳しい目

公開日: 更新日:

「今日、ここに来ているファンのみんなに聞きたいと思います。来年、エスコンフィールドで、監督の指揮を執ってもいいですか!?」

 昨28日、札幌ドームでの最終試合となったロッテ戦後のセレモニー。マイク片手に新庄剛志監督(50)がスタンドのファンにこう問いかけると、会場は大きな拍手で包まれた。新球場元年となる来季の続投が決まった瞬間だ。

「来年の大事な開幕戦は左のエース、加藤投手に任せたいと思います。来年は2位も6位も一緒です。日本一だけ目指してブレずに戦っていきたいと思います!」と、日本一早い開幕投手の指名とともに、来季の逆襲を誓った。

 昨秋の就任会見から球界内外に話題を振りまいてきた新庄監督。シーズン前はテレビやCM出演はもちろん、ファンションショーや企業イベントなどに精力的に参加し、日本ハムの知名度アップにひと役買ったのは間違いない。一方で、それが今季の集客に結びついたとは言い難いのが現状だ。

 借金18で迎えた後半戦以降、札幌ドームの観客動員が2万5000人を超えたのは4万1138人が詰めかけたこの日を入れて6回だけ。その内の8月11日は新庄監督の特製ボブルヘッドを3万人、9月17、18、19日はユニフォームを来場者全員にプレゼントされるイベントデーだった。直近の9月26、27日の観客数は2万人を割り、目を引くイベントや特典が無ければファンは最大収容人数の半分にも満たない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ