太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

【Bad idea on my part】オオタニ・ルール発案の監督「我々にとってはまずいアイデアだった」

公開日: 更新日:

 MLBは昨年のオールスターゲーム前、「先発した投手が降板後もDHとして打席に残ることができる」という、いわゆるオオタニ・ルールを採用した。発案者はタンパベイ・レイズのケビン・キャッシュ監督。球宴で大谷を「1番・DH兼投手」で起用し、ルール導入の道筋をつけた。

 そのキャッシュ監督が今年5月9日のエンゼルス戦前、報道陣に言ったのが、「Bad idea on my part」。冗談半分、自戒するような口調で報道陣の笑いを誘った。

 “on my part”は「我が陣営」「我が方」を意味する。相手側を意味するときには“the other part”、あるいは“opponent”を使う。

 “part”とは「部品」「(全体の)一部」「(重要な)部分」を意味するほか、「陣営(チーム)」や「味方」を指す。使い方はさまざまだ。例えば、“take part in”は「関与する」「参加する」を意味するし、“baseball is a part of his life”は「野球は彼の人生にとって不可欠な要素だ」となる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?