阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

公開日: 更新日:

 15年ぶりの再登板となる。

 今季限りで矢野燿大監督(53)が退任する阪神の次期監督に、2005年優勝監督で阪神OBの岡田彰布氏(64)が内定した。岡田氏は就任に前向きで、シーズン終了後に正式に発表される。

 岡田氏は04~08年の5年間、一軍監督を務めて05年にリーグ優勝。10年からオリックスで3年間監督を務め、歯に衣着せぬ評論はファンの支持を得ている。

「経験豊富な岡田氏の再登板は、以前からくすぶっていました」

 とは、阪神OB。

「矢野監督がキャンプイン前日に退任を表明。それを受けて、親会社、フロントは後任監督探しを本格化させた。矢野監督は19年に就任して以降、昨年まで3年連続でAクラス入り。昨季はヤクルトと最後まで優勝を争った。しかし、20年には開幕から2勝10敗と大コケするなど、成績に波があった。采配、選手起用を疑問視する声は藤原崇起オーナーだけでなく、親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の角和夫会長の耳にも届いていました」

■阪急・角会長との深い縁

 今季も開幕から17戦1勝と歴史的な低迷に陥った。6月末には角会長が重鎮OBの吉田義男氏を交えて岡田氏とゴルフをし、その後、会食していたと週刊新潮に報じられた。角会長と岡田氏はともに早大出身でかねて親交が深い。

 岡田氏は同誌の直撃に「本当の要請じゃない」としつつも、角会長から次期監督の就任要請があったことをにおわせ、「鳥谷(敬)と藤川(球児)に関しては(名前が)出とったよ。俺もビックリしたけどな」と、会談が来季の組閣人事にまで及んだことを明かしていた。

金本知憲、矢野燿大と外様出身の監督が2代続いたこともあり、親会社、球団内では生え抜きOBである岡田氏の再登板が既成事実化していった。角会長はリーグトップクラスの戦力を擁しながら、勝ちきれない現状を憂慮。経験豊富な岡田氏に再建を託すとともに、その先のポスト岡田を見据えて、今岡真訪、藤川球児鳥谷敬、赤星憲広、桧山進次郎といった05年優勝メンバーを首脳陣に迎え入れたい」(前出の阪神OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点