巨人・原監督が国葬参列 安倍元首相とは公私で親交、政界進出を口説かれていた時期も

公開日: 更新日:

 巨人の原監督(64)が27日の安倍国葬にソフトバンクの王会長らとともに参列した。

 原監督と安倍元首相は公私に親交があり、「2015年の5月には、ペナントレース中にもかかわらず、安倍首相の公邸に出向いて会食。13年3月の開幕直前にも食事を共にしていた。15年は原監督の契約最終年。翌年に参院選が控えていたため、安倍首相が直接、政界進出を口説いたといわれたものです」とは、当時を知る永田町関係者。

【写真】この記事の関連写真を見る(35枚) 

 政治経済に強い関心を持つ原監督は現役時代、「自民党を応援しています」と公言。今も「趣味はゴルフとNHKの国会中継観賞」と言う政治好きだ。18年12月に行われた原監督の野球殿堂入りパーティーには安倍元首相も出席し、「(原監督は)政治にも大変詳しい。こっちの世界に来ないかな、という思いがあった」と挨拶している。

 現在、阪神と同率3位の巨人は、Bクラス転落の可能性も残る。「影響を受けた大先輩」とする元首相の遺影に手を合わせた原監督だが、いつまでも感傷に浸っている余裕はない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?