玉鷲37歳10カ月での最高齢V! 驚異の“サンドイッチ”稽古が「老いてなお強い」を下支え

公開日: 更新日:

 この記録を塗り替える者がいるとすれば、それは自分自身か。

■3年ぶり2度目V

 前頭3枚目の玉鷲が自身3年ぶり2度目の優勝。37歳10カ月での賜杯は、年6場所制が定着した1958年以降、史上最年長。2012年5月場所を37歳8カ月で制した旭天鵬(現大島親方)の記録を更新した。

 25日の千秋楽の相手は怪力で鳴らす元大関の高安。玉鷲は立ち合いのかち上げにひるむことなく、冷静にいなしてノド輪と突きの猛攻。高安にペースを握らせずに、押し出した。

 優勝インタビューでは、いつも通りニコニコと笑顔を見せながら、「何が何でも自分の相撲を取ろうと思いました」と話した。

 老いてますます盛んの玉鷲。30歳を越えてから右肩上がりに強くなっている異例の力士だが、もちろん努力の裏付けがあってのことだ。

「玉鷲がこれまで苦手にしていたのは、横に素早く動ける力士。得意の突き押しも、横に回り込まれると威力を発揮できませんからね。その欠点を補うため、玉鷲が工夫したのが2人を相手にしての稽古。正面に1人、自身の背後に1人付かせた体勢から相撲を取っていた。正面の力士を押しつつ、後ろの力士を振り切るように横に回り込む。左右の動きの激しい力士への対処を念頭に置いた稽古です。昔も土俵際で組まれた状態で稽古を開始する力士、2人がかりで押させる力士などいたが、玉鷲のような稽古は見たことがない。いかに工夫しているか、ですよ」(古株の親方)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点