竹原慎二さんは8年前に“余命1年”の宣告「ジムから日本チャンプを、そのために生きる!」

公開日: 更新日:

竹原慎二さん(元プロボクサー/50歳)

 日本人初のミドル級世界王者で、「ガチンコ!」(TBS系)のファイトクラブが人気だった元プロボクサーの竹原慎二さんは2014年、ステージ4のがんで「余命1年」と宣告された。しかし、その後は奇跡的な回復を遂げ、夫人から勧められた数々の「やりたいこと」を実行している。なかでも死ぬまでに一番やりたいことは……。

 ◇  ◇  ◇

 膀胱がんを告知されたのは8年前。それから半年間はショックでつらかったですね。

 実はその2年前から調子はおかしかったんです。かかりつけの大学病院の主治医に何度診てもらっても、「膀胱炎だ」「前立腺肥大」とか「なんともないから生活習慣をあらためろ」と言われ、僕もまさかがんとは思わないからその先生の言うことを信じていた。

 2年後、血尿が大量に出たのでその先生に言うと、別の病院を紹介され、診てもらったら「がん」とわかったんです。

 話は数年後に飛びますが、僕は2年近く診てもらった先生に「いい加減な診断してるから、ここまでひどくなったんじゃないか。説明してくれ」と訴えました。でも、逃げてばかりいるから病院と裁判を起こした。負けましたけどね。その時に「医者には裁判で勝てないのかな」と思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント