東京五輪汚職に不思議な共通点…高橋、青木、角川とも“兄弟に逮捕歴”が目立つナゼ

公開日: 更新日:

 角川歴彦KADOKAWA会長(79)の逮捕で、五輪汚職の構図がハッキリ見えてきた。

 高橋治之・元電通専務は、スポンサーは1業種1社という大前提を崩し、スポンサーをかき集めた。角川会長には、料金をダンピングする代わりに裏金約6900万円を要求。元電通の後輩である深見和政の「コモンズ2」に振り込ませた。深見は民間人だから収賄罪は適用されない。そのためカネを“迂回”させたのであろう。そうして集めたスポンサーからの表のカネは、五輪史上最高額の3761億円になった。

 とすれば、裏金も史上最高額になったのは間違いない。出版社を決める際、スポンサーに意欲を示していた講談社を、森喜朗組織委会長(当時)の意向で切り捨てたといわれる。高橋は森の操り人形であったことが見て取れる。いまのところ、森に渡ったとされる現金は、AOKIからの見舞金200万円だけのようだ。しかし、この構図からも分かるように、高橋側が受け取った裏金のいくばくかは森に流れていると考えるのが“自然”ではないのか。

 誰でも分かることをあえて書いたのは、この構図の中心にいる森喜朗に、東京地検特捜部が迫ってほしいと思うからである。森は“巨悪”ではない。“小心で狡猾(こうかつ)”な人間だから、逃げることを恥だとは思っていない。それが彼の強みである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問