あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間24日、14勝目(8敗)と日米を通じて初のシーズン200奪三振をかけてツインズ戦に「3番・DH」で先発登板。四回には6番サンチェスからこの日4つ目の三振を奪い、200奪三振を達成。日本選手では野茂英雄ダルビッシュ有松坂大輔に続き4人目。また「200奪三振&30発」はメジャー史上初の快挙だ。

 投げては五回1/3を3安打7奪三振2失点で14勝目(8敗)をマークし、自己最多を更新。バッティングでは4打数1安打1打点。今季ワーストの7四死球と大荒れだったが、自身のバットで勝利と新たな記録を手繰り寄せた。

 大谷は、この試合以降はレギュラーシーズン最終戦となる10月6日のアスレチックス戦まで残り2試合に登板予定。すでにクリアしている打席数(502)と投球回(162)を合わせて投打の規定数到達が注目を集めているものの、他にも打者としても大台到達の可能性を残す。

 残り6本としている40本塁打に加え、100打点まで残り10、100得点には15と迫っている。打点と得点は大谷1人で稼ぐには限界があるものの、残り11試合で6本塁打は決して達成不可能な数字ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前