小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

筒香←村上←清宮…「左の強打者3人」の高校時代を比較した頃

公開日: 更新日:

 ヤクルト村上宗隆が元巨人王貞治さんの55本塁打に並んでいる。

 世の中が高校通算111本塁打の早実・清宮幸太郎フィーバーに沸いていた2017年ころ、私は城北(熊本)の臨時コーチを務めていた関係で、同52発だった同じ熊本の九州学院・村上に注目していた。

 当時は捕手だったが、キャッチング、捕球してからの速さ、肩もいまひとつ。捕手としてプロは厳しいと感じた。

 一方で打撃は目を見張るものがあった。まずフォームがいい。トップの位置が深いのが特徴で、それでいて右腕が伸び切らずに少し曲がっている。右腕に遊びがあり、変化球にも対応できる構えだった。スイング軌道がアッパー気味だった清宮と比べ、村上はレベルスイングで振れるため、右翼ポール際の打球が切れない。ただ、今でこそ広角に本塁打が打てるが、当時は引っ張った打球が多かった。

 教え子で左の強打者といえば、同69発の筒香嘉智(現ブルージェイズ3A)がいる。当時の筒香は右翼方向より中堅方向への本塁打が多かった。故障で離脱していた期間もあったから、もっとライトへ引っ張れたら、通算100発に届いていたと思う。高校時代の3人を比べると、当時から同学年の清宮より村上の方が上だと見ていたが、ミートの確率、パワーなどの総合力で、村上よりさらに筒香の方が上だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ