西武・辻監督に「V逸でも続投」説が浮上するウラ 昨季最下位から一転、CS進出へ激戦中

公開日: 更新日:

 西武辻発彦監督(63)は今年が就任6年目。後釜には元メジャーリーガーの松井稼頭央ヘッドコーチ(46)が控えている。

「退団は既定路線だが、監督交代で決まりというわけでもない」とは西武OBだ。

 チームが42年ぶりの最下位に沈んだ昨季、退任濃厚といわれながら1年契約で続投。今季は若手を鍛えながら、激戦を繰り広げた。

「辻監督は昨オフ、『契約満了ならそれはそれで仕方ない』という心境だったようです。成績に加え、年齢のこともあって監督のイスには執着していない。しかし、球団は『松井コーチにバトンタッチさせる前にチームを立て直さなければならない』と判断し、続投させた。ただ、今季優勝やCSを経ての日本シリーズ出場ならば、どうなるか。球団も形式上は続投要請をせざるを得ず、そうなれば辻監督も引き受ける可能性がある。執着はしていなくとも、積極的に監督を辞めたいわけではありませんからね」(前出のOB)

 辻監督がヤクルトでの現役時代に薫陶を受けた野村克也氏は、74歳まで楽天で監督を務めた。辻監督の闘志が消えなければ、続投も十分ありそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害