阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

公開日: 更新日:

 阪神は今季限りで矢野燿大監督(53)の退任が決定。後任候補には、平田勝男二軍監督(63)、元阪神監督の岡田彰布氏(64)らの名前が挙がっている。

 現場歴が長い平田二軍監督か、2005年にリーグ優勝に導いた実績のある岡田氏か。どちらにしても、フロントは阪神OBの起用にこだわっているようだ。

 そんな中、OBの鳥谷敬氏(41)が先日、地元関西のテレビ番組で次期監督の適任者について、「外国人(マートン、アリアス、シーツなど)」と回答。「阪神のことをよくわかっていない人がいいんじゃないかと思った」としたうえで、「球団としてどういうチームをつくっていくのか、(外国人監督の)間にしっかり考えて、次の監督が優勝するっていう形をつくっていくと、また次の監督にどうつないでいくかっていう、阪神が強くなるためにつないでいくっていうことができる」と持論を展開した。

「平田昇格」「岡田再登板」とは一線を画すプランに、現場やOBの間では賛同の声が出ている。

「フロントは次期監督の選定に1年間の猶予があった。じっくり時間をかけて監督を選べたわけです。にもかかわらず、内部昇格や元監督の再登板というのではいかにも芸がない。鳥谷とすれば、これまでやってきたことと代わり映えしないことをやってもチームは強くならない、と言いたかったのではないか。今の阪神は、戦力があっても勝てない状態が続いている。ドラスチックな改革が必要です。鳥谷が言う外国人監督や外部からの招聘も含め、幅広く検討してしかるべきですが、そういった話は全く聞こえてきませんから」

 とは、阪神OBだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点