阪神・糸井“引退試合”で有終の美も…矢野監督の起用法に広島からブーイングのワケ

公開日: 更新日:

「ありえない使い方でしょ!」

 甲子園で行われた21日の阪神広島戦。この日が引退試合となった糸井嘉男(41)の矢野燿大監督(53)による起用を巡って、広島のチーム内外でブーイングが起きているという。

 2点を追う五回、9番西純の打席で、矢野監督は糸井をコール。球場は大歓声に包まれた。フルカウントからの8球目、森下の外角の直球を左前に弾き返し、スタンドの虎ファンのボルテージは最高潮に。41歳の大ベテランはこうして「有終の美」を飾ったわけだが、広島サイドからすれば「たまったもんじゃない」というわけだ。

 広島OBが代弁する。

「19日のヤクルト戦が台風で10月2日に延期にならなければ、阪神にとって、この日が甲子園での最終戦となる予定だった。引退試合をやるのはわかるが、広島と阪神はこの日まで同率で4位に並び、3位巨人を含めてCS進出をかけて争っている。そんな大事な試合で糸井を使うなら、初回の先頭打者であったり、最も勝敗に関係ない場面で起用するのがスジです。にも関わらず、矢野監督は大事な局面である五回に代打で起用。森下もこの日は制球が安定しない中、糸井に対してオール直球の配球をせざるを得なくなり、苦しい投球を強いられた。その後、糸井は中野の三ゴロの間に二塁で封殺され、菊池の一塁悪送球もあったものの、糸井の安打が阪神の得点に繋がったわけですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害