大豊昌央
著者のコラム一覧
大豊昌央元大相撲力士

本名は鈴木栄二。1955年3月29日、新潟県北魚沼郡堀之内町(現魚沼市)出身。73年に時津風部屋に入門し、同年11月場所で初土俵。81年1月場所に新十両に昇進し、82年5月場所で新入幕。83年1月場所は新三役として小結を務める。87年1月場所後に引退し、時津風部屋の部屋付き親方となり、2002年に独立。20年に蒼国来に部屋を継承させ、相撲協会を退職。主な弟子は蒼国来、若隆景、若元春ら。最高位は小結。

蒼国来は冷たい水を一切飲まず…入門当初は互いに文化の違いを痛感しっぱなし

公開日: 更新日:

 2003年に初めての外国出身力士である蒼国来を迎えた荒汐部屋ですが、我々も本人も文化の違いに困惑することは何度もありました。

 よく焼かれた肉しか食べない、ヨーグルトをご飯にかけて食べるのは前回お話ししました。それ以外でも、食べ物で言えば魚の骨は絶対に食べませんでした。日本人なら気にしない、干物にある髪の毛ほどの細い骨でも、律義に全部取る。骨=食べられないもの、という常識の下で育っているからです。

 中でも驚いたのは水ですね。水道水だろうがペットボトルだろうが、冷たい水は一切飲まない。飲む時は必ず、ポットで沸かしてから口にしていました。彼の生まれ育った土地の事情を考えれば、無理もありません。私が電気ポットを買ってあげたところ、どこに行くにも持ち歩いていました。

 そんな蒼国来も、今では日本の食事にすっかり慣れています。最初は食わず嫌いが多かったけど、一度食べてみると「おいしい」と。水だって、今や彼にとって氷は必需品なのだから、慣れとは実に面白いですよね。

 最初は大変でした。来日する前からレスリングで鍛え上げた筋肉質な体形もあって、どうやって太らせればいいか悩みました。いろいろと考えましたが、やはり、日本の生活に馴染まないことには太れない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」