カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

公開日: 更新日:

 カブスの鈴木誠也(28)に、目の肥えたシカゴのファンからはシビアな視線が向けられているという。

 渡米1年目の今季は開幕から9戦連続安打を放つと、12試合連続出塁もマーク。4月のナ・リーグ月間最優秀新人にも選ばれ、5年総額100億円超の大型契約で入団した面目は保ったかに見えた。

 しかし、5月には当たりが止まり、同26日のレッズ戦で左手薬指を突き指して1カ月以上も戦列を離れた。7月上旬に復帰し、8月21日のブルワーズ戦で本塁打を2ケタに乗せたものの、打率は2割台半ばと低迷し、メジャーの壁に阻まれている。

 広島時代は球種ごとの得手不得手はなかったものの、メジャーではスライダーやチェンジアップを打ちあぐねるケースが目立つ。

「球種やコースの見極めができていないのか、打席で戸惑うことも珍しくありません。長打が出やすいとされる打球の速度と角度を組み合わせたバレル率が低いことからも明らかなように、長打が少ない。大型契約で迎えられただけに、カブスファンは最低でも25本塁打は期待していたはずで、故障で離脱したことを差し引いても、日本人ルーキーに物足りなさを感じているはずです」(大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問