五輪汚職事件でKADOKAWA会長も逮捕…それでも森喜朗は逃げ切れるのか

公開日: 更新日:

「なぜ森喜朗元総理はいつも逃げ切れるのか」と週刊新潮(9月15日号)が報じているように、これまで森喜朗にはカネにまつわる多くの疑惑が囁かれたが、塀の中に落ちることはなかった。

「リクルート事件」「西松建設の違法献金事件」「森が最高顧問を務める全日本私立幼稚園連合会の4億円を超える使途不明金事件」などなど。しかし、今回の五輪汚職事件では、高橋治之元電通専務が受託収賄容疑で逮捕されたが、高橋のボスである森組織委会長(当時)が、まったく知らなかったと考えるのは無理があるのではないか。

 贈賄容疑で逮捕されたAOKIの青木拡憲前会長は、虎屋の紙袋に入れて森に200万円渡したと供述しているという。組織委会長だった森もみなし公務員。利害関係者からカネをもらうことは禁止されている。東京地検特捜部は任意の参考人として森から何度か事情を聴取しているようだが、森は今回も逃げ切ってしまうのだろうか。

 昔、“政界の牛若丸”といわれた山口敏夫元労働大臣は、カネに対する嗅覚が抜群だといわれた。一時親しくしていた私は、リクルート事件の最中に彼に聞いた。「今回は名前が出ませんね」。すると彼はおおむねこう答えた。「僕は名前が出るような下手なことはしない」。そんな彼も信用組合の乱脈融資事件に絡んで有罪になり、塀の中に落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速