池田勇太が首位発進 かつての人気トーナメントも今や…まるで男子ツアー低迷の象徴

公開日: 更新日:

【ANAオープン】第1日
 北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード・パー72

 かつて今大会は、中日クラウンズや太平洋VISAマスターズ、ダンロップフェニックスと並ぶ人気トーナメントだった。1980年~90年代は、最多7勝を誇る尾崎将司や4勝の中島常幸が大会を大いに盛り上げたが、近年は熱気も人気もない。

 そんな大会で初日に8アンダーで首位タイに並んだのは尾崎に憧れてプロになった池田勇太(36)だ。10年、17年大会の覇者は首痛の影響で3週ぶりの出場となったが、今大会の3勝目を狙う。池田は国内ツアー通算21勝とはいえ、最後に勝ったのは19年6月のミズノオープン。池田が全盛期の尾崎のように憎らしいほど強ければ、男子ツアーはここまで低迷しなかったかもしれない。

 今週の女子は、日本勢では37年ぶりに全米女子アマに勝った馬場咲希が出場するとあって開幕前から話題を集めている。

 池田に2打差の8位タイには、15年優勝者で大会2日目が誕生日の石川遼(30)がいる。この2人が最終日に優勝を争えば、少しはファンも注目してくれるかもしれない。それでも女子大会の入場者数に敵わないようなら、男子ツアーは救いようがない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに