中日・福留孝介が引退決断 元コーチ仁村薫氏が明かす、亡き星野仙一氏と立浪和義監督との縁

公開日: 更新日:

 8日、現役最年長の中日福留孝介(45)が今季限りでの引退を表明した。1998年ドラフト逆指名で中日へ入団。メジャーや阪神でもプレー、プロ24年間で日米通算2450安打を放った。

 その福留と計8年間(99~2002年、04~07年)、中日でコーチとして接した仁村薫氏(63=専修大投手・総合コーチ)は、「24年もの長い間、本当によくやったと思います」とねぎらい、懐かしそうに福留との出来事を振り返った。

「一番の思い出は、彼がプロ2年目の00年オフ。12月に2週間、米フロリダのマーリンズの施設で練習したことです」

 当時の星野仙一監督の方針で、仁村氏は福留と同い年の荒木雅博(現中日コーチ)、1歳年下の森野将彦(同)ら若手8人を引き連れ渡米した。

「向こうでは福留らと同世代の若手が将来のメジャーを夢見て汗を流していた。私の巨人時代の同僚であるクロマティを紹介したり、フロリダを拠点に戦っていたゴルフの水巻善典プロに、ケン・グリフィーJrやタイガー・ウッズらが住む高級住宅街の自宅へ招待してもらったり。水巻プロは福留、荒木と3人で一緒にラウンドしながら、プロ選手としての心構えを教えてくれた。星野さんはこうした経験を通じて人間教育を実践していた。星野さんの教えが土台になっていることは確か。福留はその後、08年にメジャー挑戦するわけですから、あの時の体験が少しは生きているのかもしれません」(仁村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至