渋野日向子らがいれば…“主役”不在「日本女子プロゴルフ選手権」の気になる視聴率

公開日: 更新日:

「主役」は今週、海の向こうだ。

 8日に開幕する日本女子プロゴルフ選手権(京都・城陽CC)は「最強の女子プロ」を決める大会と言われているが、米女子ツアーを主戦場にする畑岡奈紗(23)や渋野日向子(23)、笹生優花(21)、古江彩佳(22)といった実力者たちは出場しない。

 昨季、国内ツアーを盛り上げた渋野や古江は開幕戦から不在も女子は、男子の大会に比べれば人気は高い。テレビ離れと同時に今季からネット配信がメインになりつつある中、視聴率(※最終日・関東地区平均)は男子をしのぐ。

 例えば、2019年の男子の最高視聴率はT・ウッズが勝ったZOZOチャンピオンシップと日本シリーズの8.8%。女子はリコーカップの13.6%。

 21年の男子は松山英樹が優勝したZOZOの8.3%。女子は樋口久子・三菱電機の12.4%。今季最高も、男子は国内開幕戦の東建カップの4.2%に対し、女子の開幕戦ダイキンオーキッドは7.1%だった。ちなみに今大会も直近3年は6%台をキープしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日