花巻東「捕手・麟太郎」挑戦の裏に“反面教師”清宮幸太郎 潰し利かない「一塁専任」に危機感

公開日: 更新日:

「捕手・麟太郎」が初めてスタメンマスクをかぶった。

 大阪桐蔭・中村(現西武)と並ぶ高校通算83本塁打を放っている花巻東(岩手)の佐々木麟太郎(2年)が5日、秋季岩手大会の出場権をかけた地区予選の花巻北戦で「捕手」として公式戦初先発。五回の守備から一塁へ回った。

 打っては4打数無安打に終わったものの、試合は8-1で七回コールド勝ち。花巻東はすでに県大会出場を決めており、これで第1代表となった。

 小学4年から6年まで捕手だった。3月のセンバツ後に「複数を守れて損はない」と5年ぶりに捕手の練習を再開したという。2日の試合では五回の守備で公式戦の捕手デビューを果たしていた。

 さる球界関係者がこう言った。

「もちろん、来秋のドラフトを視野に入れてのことでしょう。最近は『一塁しか守れないとプロでは潰しが利かないから苦労する』というのは常識。実際、本塁打を量産しているのに『一塁手専任じゃねえ……』というスカウトが増えていた。周辺から助言されたこともあり、麟太郎と花巻東の佐々木監督が捕手転向というより『兼任』を決断した。同じ左打者のスラッガー・高校通算111発で歴代1位の清宮(早実)は一塁専任で日本ハム入りしたが、プロ入り後に守備位置も含めて苦労しているところが“反面教師”になっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?