花巻東「捕手・麟太郎」挑戦の裏に“反面教師”清宮幸太郎 潰し利かない「一塁専任」に危機感

公開日: 更新日:

「捕手・麟太郎」が初めてスタメンマスクをかぶった。

 大阪桐蔭・中村(現西武)と並ぶ高校通算83本塁打を放っている花巻東(岩手)の佐々木麟太郎(2年)が5日、秋季岩手大会の出場権をかけた地区予選の花巻北戦で「捕手」として公式戦初先発。五回の守備から一塁へ回った。

 打っては4打数無安打に終わったものの、試合は8-1で七回コールド勝ち。花巻東はすでに県大会出場を決めており、これで第1代表となった。

 小学4年から6年まで捕手だった。3月のセンバツ後に「複数を守れて損はない」と5年ぶりに捕手の練習を再開したという。2日の試合では五回の守備で公式戦の捕手デビューを果たしていた。

 さる球界関係者がこう言った。

「もちろん、来秋のドラフトを視野に入れてのことでしょう。最近は『一塁しか守れないとプロでは潰しが利かないから苦労する』というのは常識。実際、本塁打を量産しているのに『一塁手専任じゃねえ……』というスカウトが増えていた。周辺から助言されたこともあり、麟太郎と花巻東の佐々木監督が捕手転向というより『兼任』を決断した。同じ左打者のスラッガー・高校通算111発で歴代1位の清宮(早実)は一塁専任で日本ハム入りしたが、プロ入り後に守備位置も含めて苦労しているところが“反面教師”になっているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前