大広にも家宅捜索、五輪贈収賄汚職拡大で札幌に大逆風…市長とJOCがIOC訪問を中止

公開日: 更新日:

 逆風が吹き荒れている。

 2030年札幌冬季五輪招致を目指す札幌市は昨5日、今月中旬に予定していた秋元克広市長のスイスのIOC(国際オリンピック委員会)本部訪問を中止したと発表。同日、JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長も「私とIOCで先週末に話をしたとき、なかなか日程調整がつかなかった。両方から、今回はなしにしようということになった」と経緯を説明した。

「日程調整」を理由に挙げたものの、東京五輪のスポンサー選定をめぐる組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)による贈収賄事件が影響していることは間違いない。

 元理事側への資金提供に関しては、「AOKIホールディングス」と「KADOKAWA」の2社に加え、この日、東京地検特捜部が広告大手「大広」を家宅捜索。大広は大会スポンサーの獲得業務協力店に選ばれるよう高橋容疑者に依頼、その見返りとして1400万円を渡した疑いが浮上した。

 芋づる式に汚職が明るみになる東京五輪のスポンサー関連企業。招致当時は多くの企業が群がり、その枠を巡る争奪戦が繰り広げられたが、今回の一件によってその風向きが変わることは間違いない。スポンサーに名を連ねる企業は痛くもない腹を探られる。今後は五輪スポンサーに名乗りを挙げる企業が減っても、何ら不思議ではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  2. 2
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  3. 3
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 4
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  3. 8
    勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

  4. 9
    小池都知事は「カイロ大卒」について国会議員時代は何と言っていた? 学歴詐称疑惑はいよいよ佳境に

    小池都知事は「カイロ大卒」について国会議員時代は何と言っていた? 学歴詐称疑惑はいよいよ佳境に

  5. 10
    TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?

    TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?