U18W杯・馬淵監督が一転…近江・山田への「二刀流フル回転」指令にプロがやきもき

公開日: 更新日:

 9日に米フロリダで開幕するU18W杯。

 2019年大会で日本は5位に終わった。チームは当時、佐々木朗希(20=ロッテ)や奥川恭伸(21=ヤクルト)など逸材を擁していたが、貧打に喘いだのが原因だ。例年、普段は使わない木製バットへの対応が課題になっている。

 そこで、投打の二刀流でプロから注目を集める主将・山田陽翔(近江)だ。馬淵史郎監督(66)は当初、「山田君はピッチャーだけでやってもらいたい。抑え的な仕事を」と話していたが、ここにきて一転。3日の練習試合(対早大)に代打で登場し、左翼へ大飛球を放った日本の主将について、本番での野手起用だけでなく、「山田よりいい投手はいない。メダルが懸かる最後の試合なら頭(先発)から行く可能性はある」と、フル回転を示唆した。

 山田も「二刀流は尊敬する大谷(翔平)さんがやられている。超一流の選手に近付けるように頑張りたい」と、まんざらでもない様子だったが、これに悲鳴を上げているのがプロのスカウトたちだ。

 ただでさえ二刀流は他の選手より体への負担が大きい。しかも山田は今夏の甲子園で準決勝まで全5試合に先発、初戦から9日間で計644球も投げており、疲労の蓄積が懸念される。

 山田はスカウトによって投打の評価が分かれる選手だ。両方を見れるに越したことはないが、酷使でぶっ壊れることだけは避けてほしいというのが本音だろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!