「不作」といわれる高校生野手の評価が上がった根拠

公開日: 更新日:

■プロに入ってからも苦労する

 それにしても、高校日本代表の4番打者にはビックリしたね。

 8月31日にゾゾマリンで行われた大学日本代表との壮行試合。146キロの速球を右中間スタンドに放り込んだ内海優太(広陵)のことさ。

 試合前のフリー打撃の飛距離からして、ひとりだけ飛び抜けているそうで、高校日本代表の馬淵監督もベタボメだった。

「野手でダントツなのに進学って、ホント、もったいないっていうか……そこへいくとドラフト候補の野手5人はさっぱりでしたね」

 横にいた部長にこう言った。「5人」とは浅野翔吾(高松商)、野田海人、黒田義信(ともに九州国際大付)、松尾汐恩、海老根優大(ともに大阪桐蔭)のこと。5人合わせて13打数1安打、6三振だったから、今年の高校生野手は期待薄って言うのかと思ったら、「オレの見立ては違うなぁ……」と、部長はこう言った。

「見たかったのは木のバットを、きちんと振り切れているかどうかだ。金属バットは力任せにたたけば飛距離も出るが、木のバットはしっかりと振らなきゃボールを遠くに飛ばせない。バットのしなりや遠心力を使い、軸回転できちんとスイングできているかどうか。木のバットでこれができない選手は、3年経っても5年経っても……つまりプロに入ってからも、苦労するケースが圧倒的に多いんだ。そこへいくと5人はみな、きちんと木のバットを振り切っていた。かつては木製バットに不慣れな選手が多かったが、彼らはおそらく普段から使って練習しているんだろう。特に高松商の浅野なんかは、ボールをふところまで呼び込み、見極めたうえで、きちんとスイングしていたからな」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ