元大関・朝乃山“最短返り入幕”への高い壁…15日制での十両全勝優勝は過去5人のみ

公開日: 更新日:

 条件はただひとつ、本割で負けないこと──。

 6場所出場停止から復帰した7月場所で三段目全勝優勝を果たした朝乃山(28)。29日に発表された9月場所の番付では幕下15枚目となった。

 大相撲の内規では、幕下15枚目以内で7戦全勝(優勝決定戦は本割以外なので除く)すれば、優先的に十両に昇進できる。その十両でも同じく負けずに優勝となれば、念願の幕内復帰。早ければ、来年1月場所で幕内にその名が載ることも不可能じゃない。

 もっとも、幕下はまだしも、十両の全勝優勝は元大関でも容易ではない。

 1場所15日制が定着した1949年5月場所以降、これを達成できたのは、栃光(55年)、豊山(61年)、北の富士(63年)、把瑠都(2006年)、栃ノ心(14年)で、北の富士は後に横綱に、それ以外は大関に昇進した。名大関、名横綱は数あれど、十両全勝優勝はわずかにこの5人しか果たせなかったのだ。

 幕下、十両ともに優勝しても本割で1敗すれば番付の移動は通常通りになり、幕内復帰は最低でも来年3月場所以降だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」