阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

2000年前半は二軍生活…自分の与えたヒントで改善する若手の成長が楽しみだった

公開日: 更新日:

 プロ初安打は1999年8月10日、横浜スタジアムの広島戦だった。

 紀藤真琴から放った中前打は、適時打のオマケ付き。猛暑のさなかに、打って走って青息吐息。バテバテで、先発しながら4回3失点で降板した。

 この年は先発として8試合に登板。自分で希望したわけではもちろんない。あくまでもチーム事情とはいえ、先発に再挑戦する機会を与えられたのは収穫だった。成績自体は計40試合で2勝8敗1セーブ、防御率6.32とかんばしくなかったけれども、プロの世界でヒットを打つことができたのは先発してある程度のイニングを投げたからこそだ。

 翌2000年のシーズン前半は、ほとんど二軍暮らしだった。二軍には若手がたくさんいる。7月で36歳。トシもトシだし、自分がコーチになろうとか、そこまで強い気持ちはなかったものの、コーチ目線でやっていた部分はある。

 二軍のコーチの指導に支障がないように、若手にちょっとしたアドバイスをした。変化球を投げるコツや、投球フォームで気になった箇所……それらについてブルペンなどで話をする。先輩の言うことだけに、「じゃあ、ちょっと試してみます」と実践した若手の投球が改善されると、面白くなる。うまくいっていないところを見ておいて、こんなふうに工夫してみたらどうだろうと具体的な話をする。自分が与えたヒントによって、若手にどういった変化が生じるか、成長していくか……それらを楽しみに二軍生活を送るようになっていた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前