ヤクルト村上に四球急増中…三冠王争い唯一接戦「打率」への影響と「4番の重圧」

公開日: 更新日:

 もっか三冠王のヤクルト村上宗隆(22)が2打席連発で試合を決めた。

 首位攻防戦となった26日のDeNA戦の六回無死一、二塁で、大貫から先制3ラン。史上最年少で150号に到達すると、続く七回にも三上から47号ソロを右翼席に放り込んだ。4ゲーム差のDeNAとの直接対決第1ラウンドで見事に4番の仕事をやってのけた。

 そんな村上は最近、四球が急増している。この日はなかったが、25日の広島戦は2敬遠、24日の同戦も2度の申告故意四球を含めて4つ。まともに勝負をしてもらえない打席が増えている。25日には3三振を食らっている。47本塁打、115打点はともにリーグダントツ。2冠は当確だが、.328でトップの打率は接戦だ。四球が増えると打撃は難しくなるのか。巨人、広島で打撃コーチなどを歴任し、岡本和の育成に尽力した内田順三氏がこう解説する。

「そんなことはないと思います。優勝争いをするチームの主砲は、どうしたって歩かされる。いい打者の証しとして受け入れることです。今のところ、村上から焦りは感じませんが、怖いのは4番として自分が決めないといけないと、焦ってボール球に手を出すこと。その昔、私が広島の打撃コーチだった頃、4番の栗原が不振にあえいでいたので、私がかつての三冠王で相手チームの中日・落合監督にアドバイスを求めたことがあります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害