日本ハムがスカウト会議 新庄監督「即戦力」発言で「ドラフトと育成」方針は覆されるのか

公開日: 更新日:

 8月に入ってから、しきりに「即戦力」にこだわった発言を繰り返しているのが、日本ハム新庄剛志監督(50)だ。

 オフのFA補強はもちろん、ドラフトに関しても「即戦力を取りたいですね。ピッチャーも野手もすべて」と発言している。

 そんな中、日本ハムは26日に札幌市内でスカウト会議を開き、102人の選手をリストアップ。甲子園で3本塁打した浅野翔吾(高松商)ら計12人を1位候補にしたという。

 球団はこれまで「ドラフトと育成」を基本方針としたチーム作りをしてきた。ドラフトでは主に高校生を獲得、彼らを育てて一定の戦力を維持してきた。新庄監督はしかし、「即戦力」にこだわっている。ビッグボスの要望で、ドラフト戦略は覆されるのか。球団OBが言う。

「もともとチームの編成はフロント主導です。栗山英樹前監督はスカウト会議に参加していましたが、それは例外。新庄監督はすべてフロントに任せているようで、今回のスカウト会議も出なかったそうです。今回の会議は、各スカウトがピックアップした選手の情報共有にとどまったようで、具体的な方向性は未定です。今年は高校生が不作だけに、指名は大学・社会人に偏るかもしれませんが、基本的に日本ハムの『ドラフトと育成』という2本柱が新庄監督の発言によって覆ることはあり得ないでしょう」

 だれが監督であろうと、あくまでもフロント主導のチーム作りを貫くというのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も