新庄監督なぜ変節…エース&主砲のみならずドラフトまで即戦力熱望で“欲しがり癖”再発

公開日: 更新日:

 あれも欲しい、これも欲しいと言いだした。

 日本ハム新庄剛志監督(50)は22日、甲子園ナンバーワン野手と評される高松商(香川=ベスト8)の浅野翔吾について、「あのバッターは良い。即戦力になるでしょう。(ドラフト)1位指名かな」とコメント。8日には「(ドラフトで)即戦力を取りたいですね。ピッチャーも野手もすべて」と話していたばかりだ。

■ポケットマネー出す

 オフのFA補強にも意欲を燃やす。15日は「積極的にね。仕掛けていきたい。(球団に)トライしてほしいとは言いたい。全員取りにいったろうかな」と鼻息を荒らげ、俊足打者や長距離打者、安定して試合をつくれる先発投手を求めているとした上で、「(予算が)足りなかったらオレが出すしかない。それぐらいの気持ち」と続けた。ポケットマネーを持ち出す覚悟ということからも、その本気度がうかがえる。

 来季は総額600億円をつぎ込んだ新球場元年の勝負の年。いよいよシーズンが終盤に差し掛かる今、新庄監督は来季のことで頭がいっぱいのようである。

 とはいえ、新庄監督は就任時に「優勝を目指しません」と宣言し、今季を来季に向けた「トライアウト」に設定。キャンプは「一軍と二軍の区別をつけず、選手はみんな横一線」とチーム内の競争をあおり、シーズンに突入してからも、その姿勢を崩すことはなかった。

 開幕投手にドラフト8位ルーキー北山亘基(23)を指名したり、毎日のようにポジションや打順を組み替えながら、積極的に若手を起用。野手にはファーストストライクからバットを振ることを命じ、カウント3-0でも、極力「待て」のサインを出さなかった。ギャンブル的な本盗を仕掛けることもある。それもこれも、新庄監督の言う「目先の1勝より今後の成長」が根底にあるからだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》