山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神・藤浪が491日ぶり先発勝利も…「復活の障壁」となりうる豊富なタレントたち

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎が20日の巨人戦に先発し、実に491日ぶりとなる先発勝利をつかんだ。今季に限って言えば、6度目の先発登板でようやく初勝利。これはこれでめでたいことだが、それより直近の先発登板で3試合連続QS、2試合連続無四球を達成したことのほうが大きい。藤浪は本当に安定感を取り戻したのかもしれない。復活が現実味を帯びてきた。

 そうなると、もともと強力な阪神投手陣がますます充実してくる。先発投手として名前が挙がってくるのは藤浪の他に青柳晃洋西勇輝、伊藤将司、ガンケル、ウィルカーソン、才木浩人、西純矢。このうち青柳、西勇、伊藤までは鉄板ローテで、続くガンケルとウィルカーソンはコロナ離脱中だが、そこに藤浪、才木、西純が加わるわけだから人数的には十分だ。

 阪神の場合、これだけの頭数がそろっているため、先発での乱調が2試合ほど続いただけで簡単にローテを外される。青柳と西勇、そして唯一のサウスポーである伊藤はさすがにちょっとやそっとのことでは外れないと思うが、ガンケル以下の5人は常に残る先発3枠の奪い合いだろう。だから、阪神の先発投手で規定投球回に達しているのは青柳と西勇の2人だけ。防御率1.91で8勝、5完投(うち2完封)をマークしている伊藤は、シーズン途中にコロナに感染したとはいえだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ