阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

西武との98年日本S第6戦 全球ストレート勝負で初の日本一の感慨

公開日: 更新日:

 0-0で迎えた八回1死二塁。迎える打者は3番・高木大成と4番・鈴木健。私は1点もやれない場面で、先発の川村丈夫をリリーフした。

 1998年、西武との日本シリーズ第6戦。横浜はここまで3勝2敗と日本一に王手をかけていたものの、適時打を打たれて決勝点になれば3勝3敗で、逆に王手をかけられてしまう。

■「10.19」の経験

 マウンドに向かうリリーフカーで、頭の中をよぎったのは10年前の経験だった。「10.19」といわれたロッテとのダブルヘッダー2試合目。無得点で抑えれば近鉄のリーグ優勝という場面でリリーフしながら、気持ちが守りに入って高沢秀昭さんに本塁打を打たれたシーンが蘇ったのだ。同じ轍は踏まない。とにかく攻めの投球をしようという決意でマウンドに登った。

 まずは高木を内野ゴロに打ち取って2死三塁。次打者の鈴木は変化球にうまく対応するし、広角に打てるバッターだ。かわす投球をしても、ヒットにされる可能性がある。ここはストレートで押すしかない。捕手の谷繁元信もストレートで攻め切ろうというサイン。思惑が一致した。鈴木に対しては全球、ストレート勝負。ファウルで粘られたものの、ストレートで押し続けて左飛に打ち取ることができた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前