快進撃DeNA 本拠地17連勝で首位に4差!98年日本一「権藤ベイスターズ」との意外な共通点

公開日: 更新日:

 横浜が沸いている。

 21日の広島戦に勝って6連勝。本拠地・横浜スタジアムでの連勝記録を「17」まで伸ばし、最大で17.5ゲームあった首位ヤクルトの差を4にまで縮めて、スポーツ紙も「史上最大の逆転Vへ」と煽りに煽っている。

 実現すれば、1998年に38年ぶりのリーグ優勝、日本一を果たした権藤ベイスターズ以来の栄冠。当時は「マシンガン打線」と称された圧倒的な攻撃力でリーグを席巻したが、監督だった権藤博氏はこう振り返る。

「私は今でも“守りのチーム”だったと思っている。鉄壁の守備陣と投手陣が相手の攻撃を粘り強くしのいでいるうちに、マシンガン打線が爆発する。そういう展開が実は多かった」

 実際、98年は捕手の谷繁、一塁の駒田、二塁のローズ、三塁の進藤、遊撃の石井琢と内野手全員がゴールデングラブ賞を受賞。先発投手が相手に先制点を許しても、中継ぎにもローテーション制を導入した大胆な投手起用で無駄な失点を防いだ。

あの年のベイスターズ打線はチーム打率.277、607打点、642得点はいずれもトップでした。それに比べて今季の攻撃陣はチーム打率こそ.252でセ2位ながら、361打点、376得点ともにセ5位。打線の迫力は劣るものの、チーム失策数47はリーグ最少で、先発の防御率3.72はリーグ5位ながら、救援防御率2.86は同2位とディフェンスが計算できるようになったのが大きい。リリーフ陣でいえば、ともにリーグ2位の30ホールドをマークしている伊勢、エスコバーの防御率がそれぞれ1.38、1.78と盤石で、同じくリーグ2位の29セーブを記録する抑えの山崎の防御率も1.69(数字はすべて22日現在)。大魔神佐々木を中心に強力リリーフ陣を築いた98年を彷彿とさせるのは確かです」(球団OB)

 DeNAは9月に30日間で27試合の超過密日程を控える。8月末から6連戦、9連戦、10連戦と地獄のようなスケジュールだが、守りが破綻さえしなければ、ひょっとしたらひょっとする。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」