ドラフト順位にも影響大…京都国際の左腕エース森下に流れる「手術の噂」の真偽

公開日: 更新日:

「どうやら、左肘を手術するらしいぞ」

 優勝候補のひとつと目されていた京都国際の左腕エース・森下瑠大(3年)について、スカウトの間でこんなウワサが流れている。

 春先に左肘を痛め、地方大会の登板は準決勝、決勝の2試合、計9回だけ。「本調子でないのは分かっていたが、経験に懸けた」(小牧憲継監督)と、初戦(一関学院=岩手)のマウンドに上がったものの、3回4失点KO。チームは敗れた。

 セ球団スカウトが言う。

「初戦敗退したことで左肘が酷使されなかったから、本人にとっては良かったかもしれません。実戦復帰に1年半ほど要するトミー・ジョン手術なのか、それともネズミと呼ばれる骨片を除去するクリーニング手術なのか、定かじゃないだけに慎重になる球団が出てくると思う。トミー・ジョン手術だとしても、高卒1年目は体づくりがメインだから、私は早い段階でやっておいた方がむしろいいと思うけど、そうは考えないスカウトもいる。いずれにせよ、手術を要するなら、ドラフト上位指名は厳しい。中位から下位指名になるのではないか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?