ソシエダ久保建英が強豪バルサ相手に痛恨のシュートミス…同世代対決にも完敗

公開日: 更新日:

 スペイン1部・第2節で注目されたのは、日本代表FW久保建英(21)がプレーするソシエダとバルセロナの一戦だった。開幕戦で新天地初ゴールを決めた久保が、かつて下部組織に所属していた名門バルサを相手に連続弾を決めるか? スペイン国内でも話題を集めていたのである。

 試合は日本時間22日午前5時開始。開始45秒でバルサの新戦力FWレバンドフスキが、18歳DFバルデのパスを左足でシュート。ゴール左にズドンと決まった。

 5分後。久保と2トップのコンビを組むFWイサクが、右サイドからシュートを放って同点に追いついた。前半27分、久保に最大の見せ場が訪れた。味方のシュートをGKがはじき、フリーの久保の前にボールが転がった。ゴール右下隅を狙ったシュートは、ポストのわずか外を通過。痛恨のシュートミスを犯した久保は両手で顔を覆い、その場に立ち尽くした。

 1-1で迎えた後半19分、バルサの19歳MFファティが交代出場。下部組織時代に久保とともに攻撃陣の主軸を担ったテクニシャンである。


 同21分に「バルサの若き背番号10」が本領を発揮した。相手ゴール前で技ありのヒールパスを披露し、FWデンベレのチーム2点目となるゴールをアシスト。23分にはレバンドフスキのゴールをお膳立て。そして34分には自らチーム4点目を決めてみせ、4-1完勝の立役者となった。

 久保は後半、パッとしないプレーを続けて同24分にベンチ送り。年下選手らの活躍を目の当たりにし、試合後も苦渋の表情を浮かべるのみ──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》