高松商・浅野の“清宮超え”高校生最多ドラ1位指名に現実味!打率7割3本塁打で評価さらに上昇

公開日: 更新日:

「後悔はないです」

 高校最後の夏の終わりにも涙はなかった。

 18日、接戦の末に近江(滋賀)に敗れた今秋ドラフト1位候補の高松商の外野手・浅野翔吾(香川=3年)のことだ。

 “怪物”と評されるにふさわしい結果を残した。「1番・中堅」でスタメン出場したこの日、初対決となったドラフト候補右腕の山田陽翔(3年)相手に、一発を含む3打数3安打1四球と力を見せつけた。

 初回、変化球にうまくバットを合わせて左翼線へ二塁打を放つと、三回1死一塁の場面で回ってきた第2打席、146キロ直球を弾丸ライナーでバックスクリーンへ突き刺した。ファンとスカウトのド肝を抜く今大会3本目、高校通算67号となる一発に、「完璧でした。打った瞬間? そうです」と胸を張った。

 大会通算で10打数7安打の打率.700、3本塁打、6打点、2盗塁。昨夏の1本塁打と合わせて甲子園通算4本塁打は史上10人目の記録だ。試合後、プロ志望届を提出する意向を表明し、「(171センチと)体は小さいですけど、パンチ力はあると思うので、本塁打打者というよりは中距離打者として強い打球を打ち、チャンスをつくれるような打者になりたいです」と、次のステージを見据えた。

■1位指名報道めぐり阪神がスポーツメディアに抗議

 もともとプロの評価は高かったが、この夏でさらに株を上げた。多くの球団が「1位でないと取れない」と口を揃える中、「右の強打者」が補強ポイントであり、浅野を1位候補に挙げる阪神とスポーツメディアの間でひと悶着あったという。アマ野球に詳しい球界OBが明かす。

「阪神は12日にスカウト会議を開き、13日にすべての出場校が初戦を終えたタイミングで畑山統括スカウトが取材対応した。その際、浅野に関して、内野の経験はないものの、内野起用の可能性も探っている、というニュアンスの話をしたそうです。それを受けて一部スポーツメディアが『内野転向視野にドラフト1位候補に』と書いたのですが、球団はその記事に対して抗議。記事はネットから削除されました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された