大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)に日本ハム時代の同僚右腕が立ちはだかりそうだ。

 レンジャーズ傘下の3Aラウンドロックから昇格した有原航平(30=顔写真)が日本時間17日のアスレチックス戦に登板し、5回3分の2を8安打3失点。昨年9月以来11カ月ぶりのメジャーマウンドで黒星を喫したが、先発として最低限の役割を果たした。

「立ち上がりは悪かったが、切り替えて投げることができた。次回登板があればしっかりやりたい」と話す有原に、トニー・ビーズリー監督代行は「いい球を投げていた。初日にしてはグッドジョブだ」と引き続き先発起用することをほのめかした。

 レ軍は首位アストロズと22ゲーム差のア・リーグ西地区3位。すでに消化試合とはいえ、有原がローテに定着すれば、2年連続40本塁打まで残り13本としている大谷にとっては難敵になりかねない。

 打者大谷は昨年4月20日(日本時間)に有原と対戦して2打数無安打。有原の変化球を打ちあぐね、一ゴロ併殺とフェンス手前で失速する中飛に倒れた。エ軍打線は有原に5回3分の2を2安打無得点に抑えられ、メジャー2勝目を献上した。

 大台到達を目前としている大谷は今季、4~5試合に1本の割合で本塁打を放っており、このペースでいけば残り44試合で9~11本の上積みとなる。今後は同地区のアストロズ、マリナーズの他、レイズ、ブルージェイズ、ヤンキースといった地区優勝、ポストシーズン進出がかかるチームとの対戦が控えている。大谷はここまでア・リーグトップの申告敬遠12個を記録しているだけに、各地区の上位球団との対戦では勝負を避けられ、本塁打が伸び悩むのは必至だ。

 しかし、すでにポストシーズン進出が絶望的なレ軍は別だ。9月以降直接対決が6試合。大谷は今年で2年契約が切れてメジャー生き残りがかかる有原に封じ込まれかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも