大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

公開日: 更新日:

 点差以上の強さを見せつけた。

 16日に行われた二松学舎大付(東東京)戦に4-0で完封勝ち、ベスト8進出を決めた大阪桐蔭(大阪)のことだ。

 ぶっちぎりの優勝候補と目される同校のベンチ入りメンバーは例年通り、小・中学野球の日本代表経験者ら、全国の野球エリートが揃う。今年の3年生では、捕手の松尾汐恩、中堅の海老根優大、そしてこの日、完封勝利を挙げた右腕の川原嗣貴らがドラフト候補に挙がっている。

 毎年のようにプロに選手を輩出しており、同校出身の現役プロ野球選手は現在23人もいる。

 先日、通算450本塁打を達成した中村剛也西武=2001年ドラフト2位)を筆頭に、中田翔巨人=07年1位)、藤浪晋太郎阪神=12年1位)、森友哉(西武=13年1位)、根尾昂中日=18年1位)といった面々だ。

 しかし、セ球団のあるスカウトは「今年の大阪桐蔭にドラフト1位候補はいません」と、こう話す。

■集めるのは伸びしろより完成度の高い選手

「大阪桐蔭は1学年20人程度の少数精鋭で、華々しい実績のある中学生を取っている。しかし、高校3年間の成長度を見ていると、欠点が少なく、まとまっている選手が多い。スケールの大きさや伸びしろより、甲子園で優勝するために完成度の高い選手を集めているように映る。その分、早熟の傾向があり、特に森友哉の世代以降、即戦力志向が加速しているように感じます。以前は中村や中田のようにスケールが大きい選手を取っていたはずですが、今年のドラフト候補で将来性が感じられるのは、海老根くらいかもしれません」

 そんなスカウティングの方針もあってか、近年の大阪桐蔭OBはプロで苦戦している。前出のスカウトが指摘するように、それは西武・森より後の世代で顕著といっていい。

 14年ドラフト以降の入団で、計15人が現役。18年に投手兼野手として春夏連覇を達成した根尾は投手に活路を見いだしつつあるものの、同期の藤原恭大ロッテ=18年1位)など今季、一軍に定着している選手は一人もいない(1人は戦力外通告後に育成契約)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!