巨人・菅野はメジャー再挑戦を諦めず…“実質エース”愛弟子・戸郷翔征の成長も後押し

公開日: 更新日:

「まだ、諦めていないらしい。一応、マークは続けています」とは、さるメジャー球団の米国人スカウト。16日のDeNA戦で約1カ月ぶりの一軍マウンドに上がった巨人菅野智之(32)が今オフ、再びメジャー挑戦する可能性があるというのだ。

■約1カ月ぶりの登板で6敗目

 先月20日にコロナ陽性判定を受けた菅野はこの日、6回6安打3失点で6敗目。MAX152キロを記録するなど球威は戻りつつあるが、メジャー入りを目指してポスティング申請した2020年オフとは置かれた立場は激変している。

 今季はこれで6勝6敗(防御率3.61)。4月には右ひじの違和感を訴え、離脱した。昨季も6勝7敗(同3.19)。足やひじの違和感などで4度も登録を抹消され、数字的には2年連続9勝の戸郷翔征(22)にエースの座を譲っているのが現状である。

■愛弟子にエースの座を譲り

「その戸郷の成長が、菅野のメジャー再挑戦を後押しする可能性はあると思う。菅野にとって戸郷は、入団当初から目をかけ、自主トレでも面倒を見てきた、いわば愛弟子です。その愛弟子が、入団4年目の今季、ついに2ケタ勝利をマークし、殻を破りかけている。世代交代が進み、後顧の憂いなくじゃないが、メジャー再挑戦に打って出る環境は整いつつある。菅野も今年10月で33歳。メジャーという夢をかなえるには残された時間は少ないですから。問題は、14勝2敗、防御率1.97という抜群の成績を残した20年ですら交渉がまとまらなかったメジャー球団から、今の状態で引きがあるかどうかということですけど」(巨人OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走