大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間16日のマリナーズ戦に登板し、6回を1本塁打含む7安打2失点8奪三振。メジャー5年目にして初めてツーシームを投げて球種を増やしたが、11勝目(7敗)はならなかった。

 投球イニングは117とし、再び規定投球回に到達。勝ち星(8位タイ)、奪三振数165(3位タイ)、奪三振率12.69(1位)でア・リーグ投手部門上位につけており、サイ・ヤング賞候補にも名を連ねているものの、意外な泣きどころが判明した。

 この日は六回に今季12個目の暴投を記録し、これはメジャーワースト。今季の大谷は開幕からスプリットの制球に苦しみ、他の変化球も抜けるケースが多く、暴投が増えたようだ。

■メジャーワーストのワイルドピッチ

 しかし、大谷のワイルドピッチが多いのは本人の制球難だけが原因ではない。今季19試合バッテリーを組んでいる正捕手スタッシ(31)の拙守にも足を引っ張られている。メジャー5年目のスタッシはキャッチングに難があり、特に今季は捕球ミスが目立ち、パスボール7個はアストロズのマルドナド(8個)に次いでリーグワースト2位。大谷の登板時には2個のパスボールを記録している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま