大谷翔平“省エネ投球”の狙い 「三振より打たせて取る」で2年連続MVP&サイ・ヤング賞狙い 

公開日: 更新日:

 ベーブ・ルース以来の「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」を達成したエンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間16日、11勝目をかけてマリナーズ戦に「2番・DH」で先発登板。六回97球で7安打2失点、8三振を奪い降板。チームが同点の九回に守備の乱れが連発、マリナーズに勝ち越しを許し競り負け。勝敗はつかなかった。

 フィル・ネビン監督代行の発言通り、今後も中5日のローテが続けば、この日も含めて残り9試合に登板することになる。この試合の前までに111回を投げており、今季最終マウンドとなる10月6日のアスレチックス戦まで5回3分の2ずつを投げれば、規定投球回(162)に到達する計算だ。

 規定打席(502)と合わせてクリアすれば史上初となり、2年連続ア・リーグMVP、自身初のサイ・ヤング賞受賞も見えてくる。MVP、サイ・ヤング賞の同時受賞なら2014年のドジャースのカーショー以来12人目の快挙となるが、大谷の当面の目標は「なるべく健康な状態で最後まで投げ切ったり、試合に出ること」だという。そして「ピッチングに関してはイニングをしっかり投げて、あとは低いWHIP(1イニングあたりに許した走者数)で抑えていくのが勝ちにつながる要素だと思う」と話している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか