久保建英ソシエダ移籍は大正解「能力を発揮できるチームにようやく巡り合えた」と評論家

公開日: 更新日:

 スペイン1部の日本代表FW久保建英(21)の新天地レアル・ソシエダでの決勝ゴール衝撃デビューが、地元スペインで高評価を受けている。

 現地14日の今季開幕戦でカディスとのアウェー戦に先発出場した久保。前半24分にジャンプしながら難易度の高いボレーシュートを右足で叩き込み、開幕戦勝利の立役者となった。

 地元メディアの「ムンド・デポルティーボ」は最高評価「3つ星」を与え、他メディアも「センセーショナルなデビュー戦」「タケにとってビッグシーズンになる」と大絶賛なのである。

「ようやく久保本来のポテンシャルを存分に発揮できるチームと巡り合った」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏。

「これまでプレーしたマジョルカ、ヘタフェというのは1部残留が目標のチームです。その戦い方は、堅く守ってボールを奪うと手数をかけないで前線に放り込んでいくというもの。ボールを足元で受けてドリブル突破でチャンスをつくり、鋭いラストパスでゴールをお膳立てしながら自らもゴールを狙うのが持ち味である久保は、ずっと消化不良のシーズンを過ごしてきた。久保というのは、周囲の選手の技術レベルが高く、パスサッカーを標榜するチームで光り輝くタイプの選手。ソシエダへの移籍は大正解です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された