ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

公開日: 更新日:

 多くの球団が、その日が来るのを今か今かと待ち構えている。

 14日に国内FA権を取得したロッテの田村龍弘(28)。今季はわずか2試合にしか出場せず、3日のPCR検査で陽性反応。コロナ特例のルールにより、療養期間が一軍登録日数に数えられたこともあり、念願の権利を手にした。

 田村はプロ3年目の2015年に初めて開幕マスクに抜擢されると、この年から正捕手に定着。18年は全試合に出場し、3本塁打、35打点、打率.239。刺殺、捕殺ともにリーグトップだった。一方でケガの多い選手でもあり、昨年は左ふとももと左脇腹の肉離れを経験。今季は高卒ルーキー捕手の松川(18)や3年目の佐藤都(24)ら若手に出番を奪われた挙句、二軍調整中に再び故障。7月下旬にようやく一軍合流するも、その矢先のコロナだった。

 ロッテの球団OBが言う。

「強肩でフィールディングにも定評があり、投手陣とのコミュニケーションもマメ。投手は信頼している捕手に対しては迷いなくボールを投げ込めるので、その意味でも田村は投手陣の力を最大限引き出すことができる。打撃も粘り強く、16年は打率.256。捕手としては十分打てる部類です。いくら若手の台頭があったとはいえ、二軍で塩漬けにされる選手ではありませんよ。実は田村は首脳陣と折り合いが悪く、それが起用にも影響しているともっぱら。ロッテの首脳陣がオフに一新されればともかく、そうでなければFA宣言は確実でしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも