高校66HR高松商・浅野翔吾は「足」も一級品! スカウトは野球脳とメンタリティも高く評価

公開日: 更新日:

「全打席出塁を甲子園終わるまではずっと目標にやっていきたい」

 こう言うのは、高校通算66発をマークする今秋ドラフト1位候補の浅野翔吾(高松商=香川)だ。

 15日、九国大付(福岡)との接戦を制し、52年ぶりにベスト8進出を決めた。2打席連続本塁打を放った初戦の佐久長聖(長野)戦と同じ「1番中堅」でスタメン出場したこの日は一発こそ出なかったが、自慢の「足」で勝利に導いた。

 初回に二塁内野安打で出塁。犠打失敗の直後に二盗を決めると、4番山田(3年)の中前適時打で先制のホームを踏んだ。

 浅野は昨年12月、指導に訪れたイチロー(マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)から、リードの仕方をレクチャーされた。

「跳ねたりしてリードするのではなく、インパクト(リリース)の瞬間を見るため、静かにリードしなさい」との助言を実践している。

 アタマも駆使した。

 試合前に相手投手の投球動画をチェック。「右打者にはチェンジアップが多いと選手、コーチと話していた。初球、チェンジアップで入ってくる(と判断し)、ギャンブルみたいな感じでスタートしました」と盗塁を決めた。観察眼を養い、研究を重ねるなど、走塁への意識、意欲の高さが垣間見える。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声