大谷翔平につきまとう“下半身の不安”…目立ち始めた走塁ミス、シーズン最後まで持つのか

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間15日のツインズ戦に「2番・DH」で出場し、2打数1安打1打点。2戦連続の一発は出なかったが、3–2と1点リードの七回1死一、二塁からダメ押しの左前適時打を放った。

 この日は四球で出塁した三回、3番レンフィフォの左翼線への二塁打で一塁から俊足を飛ばして同点のホームを踏んだが、不安も露呈した。

 五回の第3打席は四球を選ぶと、果敢に二盗を試みたが、相手捕手レオンの強肩に阻まれ、間一髪アウト。今季8個目の盗塁死(11盗塁)である。

 前日の延長十回1死一、三塁のサヨナラ機には次打者の中堅へのライナーで飛び出して好機を潰すなど、ここに来て走塁ミスが目立ち始めた。

 大谷はシーズンを追うごとに走塁に切れがなくなる傾向がある。26盗塁をマークしたリアル二刀流実質1年目の昨季、盗塁死は前半戦の4個から、後半戦は6個に増えた。ただでさえ心身の負担が大きい二刀流でプレーしているだけに、シーズン終盤になると下半身の疲労がピークに達するのだろう。

 今季は5月に股関節の張りを訴えたり、足に自打球を当てるシーンも目立っている。「投げて打って走って」を身上とする二刀流の下半身が最後まで持つのか不安は尽きない。

 その大谷は16日のマリナーズ戦に11勝目(7敗)をかけて登板する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか